デリヘル・高級店の特色

最近のデリヘルでは価格帯によって高級店から大衆店、格安店とグレードに応じて分化されてきています。当然集まる利用客も、求人の条件も異なってきます。 ここでは高級店についてお話します。高級店と言っても厳密な線引きはありませんが、オプション等を含めず、60分~90分程度の基本サービスで客単価が3万以上でしたら充分高級店だと言えるでしょう。4万以上なら間違いなく高級店です。 こうした店ではまず在籍嬢のグレードが高い事を期待するのが普通かもしれません。モデル級のルックスやスタイルが求められるという事です。勿論それも大きな要素ですが、スタイルに関しては高身長、巨乳でウエストが細ければいいかといえばそうとも限りません。小柄、スレンダー、癒し系と、顧客によって好みは千差万別ですが、意外と高級店では体型別の棲み分けは進んでいません。体型は個性的でも高級店で通用する余地は充分あるのです。またルックスに関しても好みの違いはあります。清楚な身だしなみといった基本的な事を除けば、大切なのは外見よりも顧客に満足される接客姿勢、サービスの質という事になります。 実際ほとんどの高級店ではリピーター確保の為、懇切丁寧な接客教育を徹底しているものです。

風俗業の営業時間について思うこと

コンビニは24時間いつでも使える便利なお店ですが、そんなコンビニ感覚で使えるデリヘルっていうのも結構あるんですよね。店舗型のヘルスだと深夜営業は出来ないことになっていますが、デリヘルだったら時間を気にすること無く楽しむことができるので、夜遅くまで働いている方なんかには本当に便利な風俗だと思います。 24時間とはいかなくとも深夜営業や早朝営業をやっているデリヘルは更に沢山ありますから、こちらも時間の都合が付きにくい方には利用しやすい風俗じゃないでしょうかね。男の性欲というものはいつなんどきドーンと沸き上がってくるか分からないものですから、いつでもどこでも気軽に女の子とプレイが出来てしまう営業時間の長い風俗っていうのは有り難いものですね。 デリヘル以外にも早朝からやっている風俗店では早朝割引なんてものもありますから、早起きは三文の得と言うことで眠い目をこすりながら風俗店に足を運ぶという事も結構乙なことなんじゃないでしょうか。それに風俗情報サイトには割引クーポン券が結構あったりしますので、それも使えば更に格安で遊べちゃうこと間違いなしです。 更に便利な風俗となるためにもっと24時間営業のデリヘルが増えてくれたらいいですよね。

さんとさま、どちらを風俗嬢は使うべきか

日本では相手の事を呼ぶ時に様々な言い方が存在している。きみ、あなた、お前、貴様など他にも数え切れない。英語の場合は相手がどんな立場でも取りあえずYOUと言いさえすれば問題ないらしい。言葉そのものではなくその言い方、つまり語調の方が英語では重要なのだろう。英語を喋る国の人達は喜怒哀楽のリアクションが豊かな気がするが、そうなるのも言葉の性質上必然なのかもしれない。 そこで今回話題にしたいのが風俗嬢からみたお客さんの呼び方だ。「お客さん」と「お客さま」のどちらが好ましいかについて述べてみたい。まずお客さんだが、これは親しみが感じられるという点で優れている。分かりやすく例えるなら商店街の八百屋さんと買い物客の関係である。気さくな感じで上下ではなく横につながる関係なのである。 次にお客さまは、完全に上下の関係である事を示している。嬢である自分が下の存在であり、上に位置している男性を敬う気持ちを簡潔に表している言葉だと言える。ご主人様とメイドの関係を思い浮かべれば理解もしやすい。 どちらを使うかは風俗嬢である女性の意思次第だ。ただし、言葉だけではなく気持ちが込められていないと意味がないのは意識してもらいたい所だ。

デリヘルを楽しもう!

サービス時間中に一緒にお酒を飲みつつ、プレイでも楽しませてくれるデリヘル嬢も少なくありません。

ただプレイをするだけとなるとリアルな感じがありませんが、まずはお酒から始めて、それからプレ… Read more